たくさんおぼえて・
かしこさアップ

大田区萩中のしぶや進学塾・渋谷進学塾


大田区萩中のしぶや進学塾・渋谷進学塾


生徒募集・受付中



「偉人たちの金言に学ぶ受験技術」





しぶや進学塾・渋谷進学塾は大田区本羽田1丁目の大黒屋の近くにあり、
出雲中学や南六郷中学や東蒲中学や糀谷中学の生徒が主に通ってきます。
大田区萩中のしぶや進学塾は大田区の学習塾です。


塾へのご連絡
メールアドレス
m-sibuya@hi-kamata.com
電話・FAX
03−3744−6590
郵便番号:144−0047
大田区萩中2-16-17 須山M1F

 ライバルとの死闘を演じた偉人たちが好んで使っていた言葉には、
学ぶところが多く、受験技術に役立ちます。
 実体の無いライバルや自分自身と闘ったクリエイターや実業家の
偉人の言葉にも奥深さがあります。
初代 若乃花(土俵の鬼)
 現役時代は栃錦と死闘を演じ優勝10回、
二子山親方として、2横綱、2大関?を育成。
初代 若乃花(土俵の鬼)
「三年先の稽古」
 相撲は目先の勝ちにこだわっていると、強くなれない。
 基礎体力をつけることや、基本の型を習得が重要。


・・・国語の教科書ではなく、自分の好きな本を読書することは、
イメージ力を養ったり、文章を頭の中で図式化して考える能力を
養います。・・・
・また、入試の英文に知らない単語がたくさん入っていても、
読書をしていると、知らない単語の意味を、推測で補えるようになり
高得点をあげられるようになります。

・また、読書力が強いと理系の問題も脳内でキーワードを図式化して
解決に必要な道具の取り出しや
脳内回路の接続スイッチが、すばやくONして
難問をすばやく解けるようになります。
・・・読み終えた後には、目標をクリアした達成感や征服感も
堪能でき精神の修養にも役立ちます。

・・・また、「三年先の稽古」としては、
工夫しながらの遊びや絵画、咄嗟の判断力を養うスポーツにも
実践に役立つ思考力、判断力の育成に効果があります。

「強いものが勝つのではない。
勝ったものが強いのだ」

結果がすべて。・・・サッカーのベッケンバウアーの言動ではありません。

・・・入試の世界でも、当然受かると思われている人が、
試験当日、力を出しきれず残念な結果に終わることはよくあります。

聖書にも、
これに似た言葉が、ヨハネの「伝道書」9章11〜12節に
「強い者が戦いに勝つのでもない。
・・・
さとき者が富を得るのでもない。
しかし、時と災難はすべての人に臨(のぞ)む。」
人はその時を知らない。」
と記(しる)されています。

今川軍に勝った信長や、
北条軍に勝った楠正成が、
強力な軍事力を持っていたとは考えられていません。
今川義元は災難に臨(のぞ)まれてしまいました。

若乃花の「勝ったものが強いのだ」が「」であれば、
その「対偶」は、
強くないものは勝てない」となり、
勝負運」だけでは勝てないことになります。

受験も、「勝負運」だけでは合格できないので、
実力がなければ無理はできません。
も希望もありません。

・・・「塾に通って、実力をつけてからをみましょう。」

野村克也監督
 現役捕手として、三冠王、本塁打王9回、打点王7回。
選手、監督として、対戦相手の分析、対策を実践し、弱小球団を
常勝軍団に作り変えスター選手球団やそのファン達に嫌われる。
「ぼやき」、「つぶやき戦法」、「死んだふり作戦」、
「野村ノート」、「ID野球」、「野村再生工場」で有名。

1992年と1993年の日本シリーズで史上最強と言われた
「西武ライオンズ」と、「伝説の死闘」を戦いぬいている。

野村克也監督
「念ずれば開く」
 野村克也氏は「理」を重んじる人で、「精神論」で動く人ではない。
 しかし、野村克也氏が好んだ「念ずれば開く」は、
坂村真民(さかむら しんみん)の詩で、

「念ずれば
ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた

このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった

そうしてそのたび
わたしのがふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった」

「何ごとも、一所懸命念ずるように 努力すれば
自ずから 道は開ける
。」・・・だ、そうです。

・・・忍者は、跳躍力をつけるために、 杉の苗木を植え、
毎日、その上を飛び越える訓練をし、
苗木が生長していき、 いつかそびえたつ杉の木を、
飛び超えられるようになったそうです。・・・

・・・「目標を定めて」あるいは「目的意識」を持ち、
毎日努力すると、
目標とする学校に合格できるようになるという
野村監督の教訓です。

「勝ちに不思議な勝ちあり
負けに不思議な負けなし」

 これは江戸時代後期の平戸藩主で剣術の達人の
松浦静山(明治天皇の曾祖父)の言葉だそうです。

・・・その究極の心は・・・
「 道にしたがい、道をまもれば、
  勇ましさがなくても必ず勝ち、
  道にそむけば必ず負ける 」
だそうです。

あるいは、
「負ける場合は、自分に何か足りないものがあるので、
率直に反省し、
順調な時も、調子にのらず、
努力を怠ってはいけない。」
という教えでもあるようです。

 「成績が上がらないない場合は、勉強方法に欠陥があるので、
その方法を見直したり、塾を変えたりし
 模擬試験で合格ラインを超えたと思っても安心せず、
さらに、努力しないと落ちる場合もあるということのようです。」

 ただ受験では、危ないと思える人でも、
推薦入試や、定員割れで
不思議な合格をする場合もあります。

升田幸三名人
 現役時代、名人、王将、九段位。木村義雄、大山康晴と死闘

「升田幸三があみ出した新手」
升田式石田流、雀刺し、急戦矢倉、棒銀、ひねり飛車、
対ひねり飛車タコ金、
角換わり腰掛銀升田定跡、駅馬車定跡、居飛車穴熊。
升田幸三名人
「大切なのは創造です。
人真似を脱して
新しいものを作り出すところに
進歩が生まれる。 」


 升田幸三名人は「定跡(じょうせき)」にしたがって
将棋を指すことをこころよしとせず、
新手、妙手を重んじて勝つことを好みました。
 今では定石となっている「棒銀」は、
升田幸三名人の宇宙から誕生した妙手でありました。

 だからといって、受験生が妙手や奇手を好むのはどうかと思う。
升田幸三名人は「定跡」などは、脳内でアナログ化していたから
新手、妙手を生み出し、相手が混乱しているうちに勝つことが
できたものと思えます。

 受験生の頭の中には、「定跡」が未熟な状態なので、
まずは、「定跡」をしっかりみにつけなければなりません。
 「定跡」がしっかりと身について、初めて、
難しい問題に対しても、「快心の一撃」を放つことが
できるようになります。

「勝負は、その勝負の前についている。」

 升田幸三と対戦する棋手は、「升田幸三」と対戦するという意識だけで、
のまれてしまい、実力どおりの将棋が指せなかったそうです。

 受験生も、学校の名前や高い偏差値、高い倍率に圧倒されて、
自分の中に苦手意識が芽生えていると、すでに負けています。
 普段の勉強や研究が大切で、過去問なだの分析や対策を行って臨めば、
互角の勝負に持ち込むこともできます。

大村智博士
 2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞

微生物を研究し、感染症予防薬を開発。
毎年、2億人の人を救い、犬猫の寿命を2倍にのばした。
大村智博士
「人のためになることをしなさい。
人と同じことをしていてはダメです。」


「金がなければ、知恵を出せ。
知恵もなければ、汗流せ。」

東京都大田区萩中2−16−17


場所;京急羽田線糀谷駅より徒歩7分



(有)ハイパー・クリエイター
大田区南蒲田1丁目6番地3号 しぶや進学塾・渋谷進学塾を経営